無常

無常のまとめサイトのまとめ

投稿日:

[広告] 楽天市場

  • 【カードファイト!! ヴァンガード】V-BT06/007 RRR 無常の撃退者 マスカレード(シャドウパラディン)
  • 【中古】雑貨 白黒無常(謝必安&范無咎) 「Identity V 第五人格×SWEETS PARADISE トレーディングルームキーホルダー」

楽天市場無常激安販売サイト

 

「 いつの時代にも、異性、同性問わず

 

信頼され、 愛される人はいるのです。

 

その条件は、ズバリ、」

 

 

        ↓↓↓

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私たちは、生まれてきてから多くの

困難に立ち向かってきました。

 

 

 

そして

 

 

 

過去に生きてきた日本人も、数えきれない

試練を乗り越えてきて、今現在の日本があります。

 

 

 

この本の著者、白駒妃登美さんも苦しいとき、

辛いとき、悲しいとき、歴史上の人物に悩みを

聞いてもらいました。問いかけました。ヒントを

もらいました。試練を乗り越えてきた歴史上の

人物たちに人生のピンチを救ってもらいました。

 

 

 

2010年に子宮頸がんから肺にがんが転移し、

主治医から 「この状態で助かった人を

見たことがない」 と告げられた白駒さん。

 

 

 

絶望の底に突き落とされたことを

この本の中で語っておられます。

 

 

 

そんなとき必ず

 

 

 

歴史上の人物が、助けにきてくれた

といいます。

 

 

 

そのときに助けに来てくれたのが、

明治の俳人、正岡子規でした。

 

 

 

正岡子規の言葉 「武士道における覚悟とは、

いついかなるときでも、平然と死ねることだ」

 

 

 

子規は、若い頃から脊椎カリエスという

病気に罹り、自殺を考えるほどの激痛に

苛まれたそうです。

 

 

 

白駒さんは、自身のことを重ねて

こう思いました。

 

 

 

「本当の覚悟とは、いついかなるとき

でも平然と死ぬことではなく、どんな

苦しみの状況にあったとしても、

生かされているかぎり、その一瞬

一瞬を平然と生きることだ」

と悟ったのです。

 

 

 

平常心を取り戻した白駒さんに

奇跡が起こりました。

 

 

 

死ぬことの恐怖が、雪のように融けて

なくなり、穏やかに日々を過ごせる

ようになりました。その後の病院の

検査の結果、画像で見る限りは、

癌細胞が見られなくなったというのです。

 

 

 

そのとき、私は気づきました。人間の

悩みというのは、過去を悔やんでいるか、

未来を不安に思っているかのどちらかで、

 

 

 

(中略)

 

 

 

過去ではなく、未来でもなく、「いま、ここ」

に全力投球すれば、多くの悩みから解放

される!

 

 

 

 

このような白駒さんの体験談を交えた

日本史の話は、心を震わせます。

 

 

 

「白駒妃登美さんの日本史のお話は

どうしてこんなに感動するのだろう?」

 

 

 

白駒さんの日本史の話は、まるでその時代を
生きてきた語り部が、語りかけているようで、
読んでいると体が前のめりになり、どんどん
気持ちが高揚しました。

 

 

 

それに加えて、人から愛される方法。

そのことを歴史上の人物から教えられるのです。

 

 

 

みんなが知っている有名な人から、

名前だけは知っているけど、どんな

人かはよく知らない。

あるいは、名前もはじめて聞く人。

さまざまな人物が語られています。

 

 

 

僕の心に残った人物が、月僊(げっせん)

立花宗茂、徳川家茂(いえもち)。

 

 

 

月僊において、僕は名前も知りませんでした。

 

 

 

3人に共通していたのは、こんなに

カッコイイ生き方をした人がいたんだ

ということでした。

 

 

 

その中の一人、勝海舟を心服させたという

14代将軍、徳川家茂。

他人の評価が厳しい勝海舟が敬愛した人物です。

 

 

 

家茂は、特別の才能や力量があったわけではなく、

ただただ、無常の優しがありました。

ただただ、純粋で清らかな心がありました。

人としての魅力がありました。

 

 

 

13歳で将軍になり、20歳で病没した家茂。

 

 

 

そんな家茂のエピソードを、白駒さんは

愛情たっぷりに語ります。

 

 

 

将軍になった家茂に書道を教えて

いたのが、幕臣の戸川安清(やすずみ)、

70歳を過ぎています。江戸時代の

70歳以上はかなりの高齢ですよね。

 

 

 

その書道の最中に、事件が起こります。

 

 

 

挙措動作が爽やかで、模範生であった

家茂が、何を思ったのか突然!

書道の墨を安清の白髪頭にぶっかけ、

手を叩いて笑い始めたというのです。

そして、「あとは明日にしよう」とその場

を立ち去りました。

 

 

 

何をするのか家茂!

何がカッコイイんだ家茂!

そう思われますよね。

 

 

 

側近たちは唖然とします。嘆きます。

安清においては、涙を流しています。

 

 

 

しかし

 

 

 

安清は、感動して泣いていたというのです。

 

 

 

どういうこと???

 

 

 

老齢の安清は、実は、ふとしたはずみで

失禁していたそうなんです。

 

 

 

将軍の前で尿をもらしたとなると、

安清には、厳罰が下されます。

 

 

 

〝恥〟よりも死を選ぶ時代。もしかしたら、

安清は、厳罰が下される前に、自分への

不甲斐なさから、命を絶ってしまうかも

しれません。

 

 

 

そんな安清をかばって、家茂はとっさに、
いたずらをしたと装ったのです。
 
 
 
さらに「あとは明日にしよう」という声掛けは、
「明日も出仕するように」という意味であり、
そのように発言することで、安清の粗相(そそう)
を不問に付することを、家臣の面前で表明したのです。

 

 

 

 

素敵すぎます、家茂!

 

 

 

 

この本に一貫して流れている

人々に愛された偉人たち。

 

 

 

それには

 

 

 

愛される条件があったのです。

 

 

 

いつの時代にも、異性、同性問わず信頼され、

愛される人はいるのです。

 

 

 

その条件は、ズバリ、

 

 

 

「相手の自己重要感を満たすことのできる人」です。

 

 

 

 

伝えましょうね。

 

 

 

あなたは、私にとって必要な人。

あなたは、私にとって大切な人。

 

 

 

 

 
 
 

【出典】

 

 

 

 
 
 

 

 

いつもありがとうございます!流れ星

 

みなさまのクリックのおかげで、励みになって

います。心より感謝申し上げます!(‐^▽^‐)

携帯で無常を買って楽天ポイントがお得!

 

「 いつの時代にも、異性、同性問わず

 

信頼され、 愛される人はいるのです。

 

その条件は、ズバリ、」

 

 

        ↓↓↓

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私たちは、生まれてきてから多くの

困難に立ち向かってきました。

 

 

 

そして

 

 

 

過去に生きてきた日本人も、数えきれない

試練を乗り越えてきて、今現在の日本があります。

 

 

 

この本の著者、白駒妃登美さんも苦しいとき、

辛いとき、悲しいとき、歴史上の人物に悩みを

聞いてもらいました。問いかけました。ヒントを

もらいました。試練を乗り越えてきた歴史上の

人物たちに人生のピンチを救ってもらいました。

 

 

 

2010年に子宮頸がんから肺にがんが転移し、

主治医から 「この状態で助かった人を

見たことがない」 と告げられた白駒さん。

 

 

 

絶望の底に突き落とされたことを

この本の中で語っておられます。

 

 

 

そんなとき必ず

 

 

 

歴史上の人物が、助けにきてくれた

といいます。

 

 

 

そのときに助けに来てくれたのが、

明治の俳人、正岡子規でした。

 

 

 

正岡子規の言葉 「武士道における覚悟とは、

いついかなるときでも、平然と死ねることだ」

 

 

 

子規は、若い頃から脊椎カリエスという

病気に罹り、自殺を考えるほどの激痛に

苛まれたそうです。

 

 

 

白駒さんは、自身のことを重ねて

こう思いました。

 

 

 

「本当の覚悟とは、いついかなるとき

でも平然と死ぬことではなく、どんな

苦しみの状況にあったとしても、

生かされているかぎり、その一瞬

一瞬を平然と生きることだ」

と悟ったのです。

 

 

 

平常心を取り戻した白駒さんに

奇跡が起こりました。

 

 

 

死ぬことの恐怖が、雪のように融けて

なくなり、穏やかに日々を過ごせる

ようになりました。その後の病院の

検査の結果、画像で見る限りは、

癌細胞が見られなくなったというのです。

 

 

 

そのとき、私は気づきました。人間の

悩みというのは、過去を悔やんでいるか、

未来を不安に思っているかのどちらかで、

 

 

 

(中略)

 

 

 

過去ではなく、未来でもなく、「いま、ここ」

に全力投球すれば、多くの悩みから解放

される!

 

 

 

 

このような白駒さんの体験談を交えた

日本史の話は、心を震わせます。

 

 

 

「白駒妃登美さんの日本史のお話は

どうしてこんなに感動するのだろう?」

 

 

 

白駒さんの日本史の話は、まるでその時代を
生きてきた語り部が、語りかけているようで、
読んでいると体が前のめりになり、どんどん
気持ちが高揚しました。

 

 

 

それに加えて、人から愛される方法。

そのことを歴史上の人物から教えられるのです。

 

 

 

みんなが知っている有名な人から、

名前だけは知っているけど、どんな

人かはよく知らない。

あるいは、名前もはじめて聞く人。

さまざまな人物が語られています。

 

 

 

僕の心に残った人物が、月僊(げっせん)

立花宗茂、徳川家茂(いえもち)。

 

 

 

月僊において、僕は名前も知りませんでした。

 

 

 

3人に共通していたのは、こんなに

カッコイイ生き方をした人がいたんだ

ということでした。

 

 

 

その中の一人、勝海舟を心服させたという

14代将軍、徳川家茂。

他人の評価が厳しい勝海舟が敬愛した人物です。

 

 

 

家茂は、特別の才能や力量があったわけではなく、

ただただ、無常の優しがありました。

ただただ、純粋で清らかな心がありました。

人としての魅力がありました。

 

 

 

13歳で将軍になり、20歳で病没した家茂。

 

 

 

そんな家茂のエピソードを、白駒さんは

愛情たっぷりに語ります。

 

 

 

将軍になった家茂に書道を教えて

いたのが、幕臣の戸川安清(やすずみ)、

70歳を過ぎています。江戸時代の

70歳以上はかなりの高齢ですよね。

 

 

 

その書道の最中に、事件が起こります。

 

 

 

挙措動作が爽やかで、模範生であった

家茂が、何を思ったのか突然!

書道の墨を安清の白髪頭にぶっかけ、

手を叩いて笑い始めたというのです。

そして、「あとは明日にしよう」とその場

を立ち去りました。

 

 

 

何をするのか家茂!

何がカッコイイんだ家茂!

そう思われますよね。

 

 

 

側近たちは唖然とします。嘆きます。

安清においては、涙を流しています。

 

 

 

しかし

 

 

 

安清は、感動して泣いていたというのです。

 

 

 

どういうこと???

 

 

 

老齢の安清は、実は、ふとしたはずみで

失禁していたそうなんです。

 

 

 

将軍の前で尿をもらしたとなると、

安清には、厳罰が下されます。

 

 

 

〝恥〟よりも死を選ぶ時代。もしかしたら、

安清は、厳罰が下される前に、自分への

不甲斐なさから、命を絶ってしまうかも

しれません。

 

 

 

そんな安清をかばって、家茂はとっさに、
いたずらをしたと装ったのです。
 
 
 
さらに「あとは明日にしよう」という声掛けは、
「明日も出仕するように」という意味であり、
そのように発言することで、安清の粗相(そそう)
を不問に付することを、家臣の面前で表明したのです。

 

 

 

 

素敵すぎます、家茂!

 

 

 

 

この本に一貫して流れている

人々に愛された偉人たち。

 

 

 

それには

 

 

 

愛される条件があったのです。

 

 

 

いつの時代にも、異性、同性問わず信頼され、

愛される人はいるのです。

 

 

 

その条件は、ズバリ、

 

 

 

「相手の自己重要感を満たすことのできる人」です。

 

 

 

 

伝えましょうね。

 

 

 

あなたは、私にとって必要な人。

あなたは、私にとって大切な人。

 

 

 

 

 
 
 

【出典】

 

 

 

 
 
 

 

 

いつもありがとうございます!流れ星

 

みなさまのクリックのおかげで、励みになって

います。心より感謝申し上げます!(‐^▽^‐)

無常の格安情報を提供、こよなく愛する女性のためのトレンド発信基地

いつも、読んで下さってありがとうございます。

 

 

不器用であまり文才がありませんが、宜しくお願い致します。

 

 

さて、コロナ禍の影響で大変な世の中になってしまいましたねガーン

 

 

ほとんどの方が、大変な思いをされていると思います。

 

 

更に自粛ムードでどこにも行けないショボーン

 

八方塞がりのような状況ですねショボーン

 

 

私の座右の銘の一つとして、

 

栄枯盛衰という言葉があります。

 

 

簡単に言えば、この世の中は、

 

 

栄えれば枯れていく、いい時期も来れば

 

 

悪い時期も来る、世の無常、とこんな意味です。

 

 

今は、すごく栄枯盛衰という言葉を感じます。

 

 

オリンピックに賭けていた方々、観光業の方々、飲食業の方々、

 

 

サービス業の方々など、

 

 

本来なら今年は業績を伸ばせる、期待できた年だったはずです。

 

 

しかし、現状はコロナ禍でめちゃくちゃになってしまいました。

 

 

絶望的になってしまいましたね

 

 

残念ながらまだまだ厳しい状況は続くでしょう。

 

 

私も経営者として簡単に、頑張りましょう、耐えて

 

 

乗り切りましょうなど言えません。

 

 

ただ、残念ながら生きていかなくてはなりません

 

 

愛する者の為、守る者の為に

 

 

ただ、生きていれば、また必ず良い時期が来ます。

 

 

その為にも、この史上最悪の状況から

 

 

何かを学ぶ事もあると思います。

 

 

未来に生かせる何かが見つかるかもしれません。

 

 

いつか、あの時は辛かったなあって

 

 

話せる日が来ると思います。

 

 

その時まで踏ん張りましょう。グー

 

 

この前の、大雨の後に綺麗な虹

 

出ていました。大雨だったからか、いつもより

 

より綺麗な虹に見えましたキラキラ虹虹虹

 

 

 

 

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

成田 出張マッサージ 

フリーダム

TEL 090-1730-7461

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

 

無常 ビジネス価値の追求へ。

 

「 いつの時代にも、異性、同性問わず

 

信頼され、 愛される人はいるのです。

 

その条件は、ズバリ、」

 

 

        ↓↓↓

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私たちは、生まれてきてから多くの

困難に立ち向かってきました。

 

 

 

そして

 

 

 

過去に生きてきた日本人も、数えきれない

試練を乗り越えてきて、今現在の日本があります。

 

 

 

この本の著者、白駒妃登美さんも苦しいとき、

辛いとき、悲しいとき、歴史上の人物に悩みを

聞いてもらいました。問いかけました。ヒントを

もらいました。試練を乗り越えてきた歴史上の

人物たちに人生のピンチを救ってもらいました。

 

 

 

2010年に子宮頸がんから肺にがんが転移し、

主治医から 「この状態で助かった人を

見たことがない」 と告げられた白駒さん。

 

 

 

絶望の底に突き落とされたことを

この本の中で語っておられます。

 

 

 

そんなとき必ず

 

 

 

歴史上の人物が、助けにきてくれた

といいます。

 

 

 

そのときに助けに来てくれたのが、

明治の俳人、正岡子規でした。

 

 

 

正岡子規の言葉 「武士道における覚悟とは、

いついかなるときでも、平然と死ねることだ」

 

 

 

子規は、若い頃から脊椎カリエスという

病気に罹り、自殺を考えるほどの激痛に

苛まれたそうです。

 

 

 

白駒さんは、自身のことを重ねて

こう思いました。

 

 

 

「本当の覚悟とは、いついかなるとき

でも平然と死ぬことではなく、どんな

苦しみの状況にあったとしても、

生かされているかぎり、その一瞬

一瞬を平然と生きることだ」

と悟ったのです。

 

 

 

平常心を取り戻した白駒さんに

奇跡が起こりました。

 

 

 

死ぬことの恐怖が、雪のように融けて

なくなり、穏やかに日々を過ごせる

ようになりました。その後の病院の

検査の結果、画像で見る限りは、

癌細胞が見られなくなったというのです。

 

 

 

そのとき、私は気づきました。人間の

悩みというのは、過去を悔やんでいるか、

未来を不安に思っているかのどちらかで、

 

 

 

(中略)

 

 

 

過去ではなく、未来でもなく、「いま、ここ」

に全力投球すれば、多くの悩みから解放

される!

 

 

 

 

このような白駒さんの体験談を交えた

日本史の話は、心を震わせます。

 

 

 

「白駒妃登美さんの日本史のお話は

どうしてこんなに感動するのだろう?」

 

 

 

白駒さんの日本史の話は、まるでその時代を
生きてきた語り部が、語りかけているようで、
読んでいると体が前のめりになり、どんどん
気持ちが高揚しました。

 

 

 

それに加えて、人から愛される方法。

そのことを歴史上の人物から教えられるのです。

 

 

 

みんなが知っている有名な人から、

名前だけは知っているけど、どんな

人かはよく知らない。

あるいは、名前もはじめて聞く人。

さまざまな人物が語られています。

 

 

 

僕の心に残った人物が、月僊(げっせん)

立花宗茂、徳川家茂(いえもち)。

 

 

 

月僊において、僕は名前も知りませんでした。

 

 

 

3人に共通していたのは、こんなに

カッコイイ生き方をした人がいたんだ

ということでした。

 

 

 

その中の一人、勝海舟を心服させたという

14代将軍、徳川家茂。

他人の評価が厳しい勝海舟が敬愛した人物です。

 

 

 

家茂は、特別の才能や力量があったわけではなく、

ただただ、無常の優しがありました。

ただただ、純粋で清らかな心がありました。

人としての魅力がありました。

 

 

 

13歳で将軍になり、20歳で病没した家茂。

 

 

 

そんな家茂のエピソードを、白駒さんは

愛情たっぷりに語ります。

 

 

 

将軍になった家茂に書道を教えて

いたのが、幕臣の戸川安清(やすずみ)、

70歳を過ぎています。江戸時代の

70歳以上はかなりの高齢ですよね。

 

 

 

その書道の最中に、事件が起こります。

 

 

 

挙措動作が爽やかで、模範生であった

家茂が、何を思ったのか突然!

書道の墨を安清の白髪頭にぶっかけ、

手を叩いて笑い始めたというのです。

そして、「あとは明日にしよう」とその場

を立ち去りました。

 

 

 

何をするのか家茂!

何がカッコイイんだ家茂!

そう思われますよね。

 

 

 

側近たちは唖然とします。嘆きます。

安清においては、涙を流しています。

 

 

 

しかし

 

 

 

安清は、感動して泣いていたというのです。

 

 

 

どういうこと???

 

 

 

老齢の安清は、実は、ふとしたはずみで

失禁していたそうなんです。

 

 

 

将軍の前で尿をもらしたとなると、

安清には、厳罰が下されます。

 

 

 

〝恥〟よりも死を選ぶ時代。もしかしたら、

安清は、厳罰が下される前に、自分への

不甲斐なさから、命を絶ってしまうかも

しれません。

 

 

 

そんな安清をかばって、家茂はとっさに、
いたずらをしたと装ったのです。
 
 
 
さらに「あとは明日にしよう」という声掛けは、
「明日も出仕するように」という意味であり、
そのように発言することで、安清の粗相(そそう)
を不問に付することを、家臣の面前で表明したのです。

 

 

 

 

素敵すぎます、家茂!

 

 

 

 

この本に一貫して流れている

人々に愛された偉人たち。

 

 

 

それには

 

 

 

愛される条件があったのです。

 

 

 

いつの時代にも、異性、同性問わず信頼され、

愛される人はいるのです。

 

 

 

その条件は、ズバリ、

 

 

 

「相手の自己重要感を満たすことのできる人」です。

 

 

 

 

伝えましょうね。

 

 

 

あなたは、私にとって必要な人。

あなたは、私にとって大切な人。

 

 

 

 

 
 
 

【出典】

 

 

 

 
 
 

 

 

いつもありがとうございます!流れ星

 

みなさまのクリックのおかげで、励みになって

います。心より感謝申し上げます!(‐^▽^‐)


無常 関連ツイート

RT @D_Fushimi2: nanaで私が主催する
非公式第五人格ユニット「ててご!」
の音源400サウンド達成🤗

アジア組
芸者×白黒無常×傭兵の
Dakiniが400音源目でした🙌

現在49キャラ47キャスト
ユニット半年記念イベント中🎉

これからもよろしくお願い…

無常のぬいぐるみが発売されないなら作ればいいじゃない
(作ります)
†┏┛墓┗┓†
タイトル 無常 https://t.co/lkSu2RKyw6
アカウント完全初課金は無常さんを買った。かっこよかったもん。

で、復帰して初めてはマリー様、可愛い一目惚れ。

たまたま今回は大多数の投票と被ったけどまぁ元々マリー様全投票の予定だったし

@JmqGbr 黒無常に板あてて乗り越えようとしたら乗り越えられなくなって遅乗り越えで恐怖もらった笑
RT @daijing66: 細川ガラシャ夫人 上巻
武田家滅亡まで
明智光秀57才

三浦綾子さんの、無常と信心
どっぷり浸る

-無常

Copyright© 最新美容アイテム効果があった順 , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.